コスメルジュ編集部が選んだ30代で使いたい化粧品

30代後半からのオールインワン30代後半からの洗顔料30代後半からのクレンジング30代後半からの化粧水

30代後半からのクリーム30代後半からの美容液30代後半からのアイクリーム30代化粧品

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ(オールインワン)

多くの人気モデルも愛用!@コスメでも高評価の馬プラセンタ配合オールインワン

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

ぷるぷるっとしたテクスチャー。スチーマーをあてた後に塗っていますが、肌にすーっと溶けていくように浸透していきます。伸びもいいので1回分は1プッシュで十分でした。馴染ませた後は肌がもちもちっとしていて、メイクのノリもよくなります。また保湿力が高いだけではなくテカりにくくもなったので、季節を問わず使えるオールインワンだと思います。

国産馬のプラセンタエキス、サイタイエキス、馬油の馬由来3大成分が配合されたオールインワンです。独自開発の天然ジェルは通常の2倍の浸透力があり、高い保湿力が持続するのが特徴です。ヒアルロン酸、コラーゲンといった美肌に欠かせない保湿成分はもちろん、国産植物由来成分もふんだんに配合。プラセンタには代謝機能を整える働きがあり、ターンオーバーの乱れが気になりだす30代後半から使いたいオールインワンです。
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)税込
公式HPへキレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

然 (しかり)よかせっけん(洗顔料)

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料

然 (しかり)よかせっけん

最初は紙粘土のような石鹸ですが、泡立てると少し粘り気のある濃密泡ができました。これくらいしっかりとした泡だと肌にのせて洗っていても垂れてくることがなく、余計な摩擦も一切かかりません。私は首やデコルテ、黒ずみが気になる膝などにも使用していますが、ざらつきがなくなり肌が明るくなった気がします。

天然ミネラルパウダーのみを使用したジャータイプの洗顔石鹸。毛穴よりも小さい超微粒子の火山灰シラスパウダーが毛穴のすみずみまで入り古い角質をしっかり吸着して掻き出してくれます。さらに美肌成分や自然由来の殺菌成分も配合されているので肌に優しく、肌荒れも防いでくれるのも魅力。毛穴ケアしたいけど肌荒れしやすい30代後半におすすめです。
1,944円・税込/定期コース1,841円・税込
公式HPへ然 よかせっけん

アテニア スキンクリア クレンズオイル(クレンジング)

2年連続@コスメクレンジング1位!くすみの原因まで洗い流すクレンジング

アテニア スキンクリア クレンズオイル

アテニアのクレンズオイルは本当に香りが良くて・・ローズを初めて購入しましたがやっぱり癒される!!お風呂につかりながらクレンジングしていると本当にアロマを焚いているような感じがします。メイクの落ちもよく、濃いメイクでもしっかり浮かせてくれます。洗い流すとくすみまで落ちたように肌がパッと明るくなりました。

@コスメでも2年連続1位にも輝いた大人気クレンジングオイル。くすみの原因である肌ステインまで除去し、メイクを落としながら肌を明るくしなめらかな質感に整える特徴があります。また濡れた手でも使え、ウォータープルーフなど落ちにくいメイクも約10秒馴染ませるだけで瞬時にオフ。さらに香りに定評があるクレンジングですが、今なら数量限定でローズの香りもお試しできます。
1,836円 ※今ならドレスリフトローション(14日分・初めての方1回限り)付!
公式HPへアテニア スキンクリアクレンズ オイル

MUNOAGE モイスチュアチャージローション(化粧水)

目元口元に極ハリを生む!ナノ化ヒアルロン酸配合のドクターズコスメ化粧水

MUNOAGE モイスチュアチャージローション

とろみの強い化粧水です。最初は少しペタっとしますが、しっかりハンドプレスすることで馴染んでくれるしベタつきもなくなります。クリームもいらないんじゃないかと思うくらいしっとりとした肌触りになり、弾力も感じられるようになりました。ドクターズコスメだし肌荒れも防いでくれるようなので、敏感肌でも使いやすいエイジング化粧品でした。

皮膚再生医療の現場から生まれたハリ化粧水。EGFを始め7種類ものペプチド配合されているので、肌が元々持つ再生力を高めてくっきりとしたしわも、もっちりハリのある肌にしてくれるのが特徴です。さらに浸透性をアップさせるため低分子のヒアルロン酸を配合し、肌荒れを感知。優先的に美容成分を行き渡らせる独自のセンサーで肌トラブルも防ぎます。ドクターズコスメなので肌質関係なく、肌の衰えを感じ始める30代後半におすすめです。
10日間お試しセット 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
公式HPへミューノアージュ トライアル

ニッピコラーゲン スキンケアジェル NMバランス(クリーム)

600万本国内No.1!潤い2倍の生コラーゲンとナノコラーゲンでプルプル肌に

ニッピコラーゲン スキンケアジェル NMバランス

普通のクリームとは違い、透明でぷるぷるっとしたジェル状のテクスチャー。初めて使った時は肌に伸ばした瞬間に浸透してしまい、物足りなさを感じてしまうくらいの浸透力に驚きました。しかし毎日使っているうちに潤いで満たされているのか、最初の時やりも明らかに肌が柔らかくなりふっくらしているのが実感できました。

600万本突破!コラーゲン原料国内シェアNo.1のニッピのエイジングクリームがリニューアル!通常のコラーゲンに比べて2倍の潤いを保つ生コラーゲン、肌の奥まで浸透して内側から潤いを満たすナノコラーゲンに加えて医療用コラーゲン、メディコラーゲンを新配合。潤いに加え、シミ・くすみの原因となる活性酸素まで取り除いてくれるのが大きな特徴です。コラーゲンの減少による肌トラブルに悩む50代におすすめのエイジングクリームです。
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
公式HPへニッピコラーゲン スキンケアクリームナノアルファ

リソウ リペアジェル(美容液)

30代から始まる乾きとたるみに!1滴の水さえも含まない高濃度保湿美容液

リソウ リペアジェル

水を一滴も使っていないだけあってとろみがありかなり濃厚です。ですが伸びは悪くないので、1〜2プッシュくらいで顔全体に広げられました。馴染ませているとじんわり温かくなりもっちもちの肌になりました。温感がより肌をほぐしてくれている気がします。目元の薄い小じわ程度なら塗った瞬間から目立ちにくくなっています。

年齢肌に最も推奨できるブランドに選ばれたリソウのオールインワン美容液。コラーゲンの生成を促す独自成分を配合することで、乾きやたるみの大きな原因であるコラーゲン不足をカバーしてくれる特徴があります。肌の保湿成分が減少し始め年齢肌の悩みが増えたり、過剰なケアに敏感になり始める30代後半におすすめの美容液です。
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPへリペアジェル

アテニア アイエクストラ セラム(目元美容液)

筋肉や血管など皮下組織レベルから改善!低価格・高品質さが人気のアイクリーム

アテニア アイエクストラ セラム

こっくりとしたテクスチャーですが意外に伸ばしやすかったです。体温で溶け込んでいくように馴染み、つやっとした目元になりました。時間が経っても潤っているのでファンデーションを付けても小じわが目立つなんてことはなくなりました。最近は軽くマッサージしながら塗っているので、むくみもとれ目がパッチリしてきた気がします。

まぶた、目の下、目尻の3つの悩みを一つでケアする目元美容液。皮膚だけでなく、筋肉や脂肪、リンパ、血管など皮下組織からダメージを改善していく美容成分が配合されているのが特徴です。シワが定着しやすい目尻のこわばりや、血行が滞りたるみやすくなる目の下、ハリが失われくぼみやすくなるまぶたを一つでケアできるので、何を選んだらよいか分からないアイケア初心者にもおすすめです。
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPへアテニア アイエクストラセラム

 

※@コスメや楽天レビューなどを参考に自分たちで実際に使ってみた感想、アンケート結果を元に30代に評価の高かった化粧品を独自に選んでみました。
掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋しております。価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

 

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ 37歳 乾燥肌

1.その時のアナタの肌の悩み

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

30代後半になり乾燥肌質になってしまいました。フェイスラインなんかはごわつきも感じられるので化粧品の浸透もよくありません。またそろそろ本格的なエイジングケアをしないとまずいかなと・・。

 

2.その化粧品を選んだ理由

以前からプラセンタ化粧品が気になっていましたが勝手に「プラセンタ=独特なにおい」と思っていたので、なかなか手が出せませんでした。しかし口コミを見ていると、キレイ・デ・ボーテのプラセンタジュレはプラセンタ臭さもなくモロモロもでない、保湿効果が高いという意見が多かったのでこちらを試してみることにしました。

 

3.テクスチャーと使い心地

1回分は1プッシュで十分なくらいです。口コミ通りにおいもなくぷるぷるっとした不思議なテクスチャーがクセになります。肌にのせると体温でとろけていくように肌に馴染みます。ハンドプレスするとしっかり浸透してくれるので肌表面がベタつくこともありませんでした。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

プラセンタジュレを使いだしてから常にもちもちっとした肌触りになり水分と油分のバランスがうまく保てているようで乾燥もしにくくなったし、ツヤがでるようになりました。今では顔だけではなく首元や腕脚など乾燥が気になる部分につけるようにしています。また弾力もアップするので、頬がキュッとリフトアップしたように感じます。

 

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレの公式HPで詳しく見てみる!

30代後半から使いたい基礎化粧品の選び方

30代後半になったら基礎化粧品を見直してみましょう。この時期には老化が加速していく「第二のお肌の曲がり角」とも言われており、これまで使い続けてきた基礎化粧品が急に合わなくなることもあります。

30代後半から乾燥とバリア機能の低下が加速

30代後半化粧品

そのことに気づかずに使い続けていると知らず知らずのうちに肌に負担をかけてトラブルの原因になってしまう…などといったことになりかねないので注意したいところです。

 

では見直す場合、どういった点に注意して30代後半に合った基礎化粧品を選んでいけばよいのでしょうか?まず合わなくなる最大の理由、乾燥とバリア機能の低下に要注意です。

 

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった角質層にもともと含まれている保湿成分は30代前後を境に減少に転じるといわれますが、30代後半になるとその減少のペースが加速していくといわれます。

 

そのためバリア機能が低下することでこれまで問題なく使い続けていた化粧品が刺激をもたらしてしまうようになることが多いのです。

 

とくに基礎化粧品は肌に直接影響を及ぼす部分が多いだけにこの老化の進行に合わせた製品を使わないといろいろな問題が出てきやすくなります。

 

こうした点を踏まえると保湿成分を補える上に低刺激であることが求められます。これまで以上に保湿力を重視していく場合には含有量だけでなく浸透性や組み合わせなどにも配慮したいくことが大事です。

 

ナノ化や特殊なカプセルに保湿成分を配合するなど浸透性を高める工夫を取り入れた製品を選んでみましょう。またクリームの役割を重視するのもこの年代の基礎化粧品選びのポイントです。

自分の抱えた肌悩みを改善する成分を知る

30代後半化粧品

30代後半に肌が乾燥していくもうひとつの理由は皮脂の分泌量が減少していく点です。

 

角質層の保湿成分が失われるだけでなく、表皮の皮脂膜がうまく機能しなくなることで水分が蒸発しやすい状態になってしまうのです。

 

これは水分だけの問題ではなく基礎化粧品で補った美容成分も蒸発して失われてしまう問題を引き起こすため、スキンケア全体の効果にも深くかかわってきます。

 

現代の女性はさっぱりした使い心地の化粧品を好む傾向があるだけに30代後半になったら油分を補うことを意識してしっとりした使い心地の製品を選んでみるようにしましょう。

 

あとは30代後半はくすみやシミ、シワといったトラブルが目に見える形で現れる時期でもあります。それぞれの悩みに合わせて適切なケアができる製品を選んでいくことも大事です。

 

シワにはビタミンC誘導体やレチノールといったコラーゲンの生成を促す成分が配合された製品、シミには美白化粧品、くすみにはEGFに代表されるターンオーバーを活性化する成分が配合された製品…

 

自分が今どんな肌の問題を抱えているかを踏まえたうえであくまで自分で製品を選んでいく姿勢も求められるでしょう。

30代後半から使いたいメイクアップ化粧品の選び方

メイクアップ化粧品は美しく装うのがおもな目的ですが、30代後半になったらこの基本的な点を見直してみましょう。ファンデーションをはじめメイクはどうしても肌に負担をかけてしまう面も出てきますから、若い頃のメイクが肌に合わなくなってしまうケースも起こりえます。

厚めのメイクから自然なナチュラルメイクに

30代後半化粧品

一方でシワやシミなどの老化がもたらすトラブルが見られるようになるのも30代後半の特徴です。

 

そうしたトラブルをいかにメイクでカバーしていくことができるかも大事なポイントとなってくるわけです。そうなると厚めのメイクは避けて肌に負担をかけないよう気をつけながらトラブルをしっかりカバーしていく。なかなか難しいテーマが出てくるわけです。

 

まず自分にとって必要なメイクとそうでないメイクを見極めましょう。アイメイクをはじめとしたポイントメイクがどれだけ必要か?30代後半になったらナチュラルメイクでいかに魅力的に演出できるかを心がけるようにしましょう。

 

アイメイクはとくに落としにくく、クレンジングで落とす際に肌に負担をかけてしまう恐れがあるので要注意です。

 

30代後半になったらアイメイクはやめた方がよい、というわけではありませんが、これまでよりも控えめで自然な仕上がりを意識しつつこれまで使っていたアイメイクのアイテムが今の自分の肌に向いているのかどうかを見直してみましょう。

 

メイクアップ化粧品選びの鍵となるのがファンデーションです。どんなタイプを使ってどんなメイクを行っていくのか?カバー力やツヤ感を重視してリキッドタイプを使っていた方はパウダータイプやクリームタイプへの切り替えも検討してみましょう

 

これもやはりメイク落としの際の肌への負担とかかわるもので肌にしっかり密着するリキッドタイプはクレンジングの際に肌に負担がかかってしまうのです。

ファンデーションのみでなくフェイスパウダーも取り入れる

30代後半化粧品

パウダータイプはカバー力が落ちるとよく言われますが、現在ではエイジングケア用の製品としてカバー力に優れたパウダーファンデーションが発売されるようになっています。

 

パウダーの粒子が細かく毛穴やシワといった凹凸の部分にしっかりフィットしてならすことでトラブルをカバーできるのです。

 

また光を反射する働きを持つ微粒子パウダーが明るく若々しい印象をもたらすものや、皮脂を吸収して化粧崩れを防ぐものなど特殊な効果を備えたパウダーも増えています。

 

一方クリームタイプは乾燥が気になる方に適しています。このタイプには保湿成分が配合されているものも多いのでスキンケアの一環として取り入れるのもよいでしょう。

 

あとは化粧下地やフェイスパウダーでファンデーションの仕上がりをサポートしましょう。

 

化粧下地はファンデーションの効果を高めるアイテムとして有名ですが、フェイスパウダーはファンデーションのカバー力を高めつつ自然に仕上げることができるよいアイテムですから、30代後半になったら取り入れてみるとよいでしょう。

更新履歴